サムライALLJAPAN 井上俊秀・能見ジョン インタビュー

―まず始めに、能見選手にお聞きします。サムライALLJAPAN(以下、サムライ)に参加しようと思ったきっかけを教えて下さい。
能見選手(以下、「能」)自分は祐貴(大久保選手)が野球をやっているのを見て、自分もやってみたいという思いがあったのと、せっかく本場のアメリカに行ったのだからもっと自分の力を伸ばしたいという理由で参加を決めました。
―実際プレーしてみて、アメリカでの野球はどうでしたか?
「能」そうですね、日本の野球と違ってこういうケースはこれといった決まりのようなものがない所が大きいですね。ジョシュ監督もあまりルールを決め付けない方針だったので、のびのびと気持よくプレイができたと思います。
―それでは、サマーリーグに参加してみて、何か課題は見つかりましたか?
「能」自分の場合はブランクがあったので、スローイングにしてもバッティングにしても、自分の中で段階を設定して、一つ一つ上のレベルへ上げようと意識していました。サムライのメンバーにはいい先輩がいたので、良いところを見習って吸収していきましたね。
―ありがとうございます。それでは、井上選手がサムライに参加しようと思ったきっかけは何ですか?
井上選手(以下、「井」)高校でも県内でも強い学校でプレイをして、大学でも自分が入学した当初は1部のチームでプレイをして、そして独立リーグでもプレイをしてきた中で、一度日本の野球を飛び出したいなと。本場の野球はどういうものなのだろう、どんな環境なのだろう、そんなこと考えながら、刺激を自分の中に入れたかったんです。
―実際、どんな刺激を受けましたか?
「井」もうパワーが違う。運動能力が桁違いなこともあるのですが、それに加えて野球に対する姿勢ですね。日本で現地の様にプレイしていたら「甘い」だとか「何考えているんだ」と注意されると思うんですよ。合同練習する機会があったのですが、日本の野球のように声を上げて必死に鍛えるというより本当にエンジョイしているという感じなんですよ。
―なるほど。パワーやスピードでは劣っているとすると、逆に日本の野球のここは通用すると感じた点はありますか?
「井」模範解答的に言うとスモールベースボールですが、もっと細かく考えると、日本人は日本人らしく戦うべきだと思いますね。確かに現実的にはパワーやスピードではかなわない部分があるのですが、それで日本人もあのパワーに負けないようにパワーをつけるとか、スピードを上げたりして本場のスタイルに合わせるのではなくて、もっと日本人はこれまで培ってきた日本の野球のやり方でプレイした方がいいと思います。
―具体的に、日本の野球のやり方はどんなものですか?
「井」一言で言うと、細かさですね。一つ一つのプレイの。繊細な身体の仕組みをしっかり考えること、努力をしてパフォーマンスを上げること、そしてお互いに励まし合って高めあうことなどですね。その姿勢があってチームプレイが生まれます。それが日本の野球の良さだと思います。多分アメリカにはそういった習慣はあまりないんですよ。
―個別で努力するという感じ?
「井」はい。練習もそこまでしないし、試合にでてパフォーマンスを発揮して、という印象でした。
―なるほど。さて、能見選手はサマーリーグを終えて、今後どんなプレイヤーになりたいと考えていますか?
「能」まずは来年までには、大学で始まる試合に対して今回サマーリーグで学んだことを一つ一つ消化して自分の力に変えていくことと、あとは肩がまだ完治していないので、肩をしっかりと治すことですね。
肩を傷めない投げ方を教わったので、それをしっかり身につけたいです。まだプレイ中に身体の重みを感じることがあるので、体づくりも念頭に考えています。
―井上選手の今後の方向性やビジョンを教えて下さい。
「井」細かく言えばきりがないのですが(笑)ただ今回その場に立ってみて始めて分かったこともあるので、まずはその一つ一つの課題をこなしていきたいです。
上手くなることに終わりはないな、と思います。やっぱり野球を何歳までやろうと期限を設ける人って多いと思うんですよ。でもどこまで上手くなるかという話では、実際に40歳でも野球を続けている選手もアメリカでも見て、終わりはないと感じましたね。上手くなりたいと思う気持があるということは、上手くなる資格を持っているだと思います。
―最後に、次回のサムライに参加したいプレイヤーにアドバイスをお願いします。
能」日本とアメリカではボールにしてもグラウンドにしても環境が違うので、いくら日本で準備していてもアメリカでそのプレイができるかとなると、ほとんど無理に近いんですよ。となると対応力が大事になってくると思います。あとは食事ですね。ただ食べているだけではすぐに太ってしまいますし、食事が合わずに食べないでいては体が持たないので、体調管理はとても大事になってきます。
―いかにして環境になれるか、ということですね。
「能」はい。そう考えてみると、嫌々アメリカでプレイするというのではなくて自分から野球をやりに来たという気持があり、チームに恵まれればすぐに慣れるはずです。
―それでは、井上選手にも同じ質問をお聞きします。
「井」フレッシュな気持で、アメリカに飛び込んでいく、ということですね。そしてその時に、色々な刺激を自分の中に受け入れる準備をしておくことです。受け入れなければ、いつまでも慣れることができませんから。
―まずは飛び込んでみる、と。
「井」アメリカの野球に対するさまざまな固定観念があると思いますが、それをなるべく少なくして飛び込む。野球を存分にやる環境はあるので、とても収穫のある時間が過ごせるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です