サムライALLJAPAN 小田切靖一インタビュー

―まず始めに、サムライALLJAPAN(以下、サムライ)に参加しようと思ったきっかけを教えてください。
サムライに参加しようと思ったきっかけは、自分は一度でいいからアメリカという地で野球をプレーしたいという夢があったので、今回それが実現できる環境があるということで応募しました。
―実際プレーしてみて、アメリカでの野球はどうでしたか?
アメリカの野球と日本の野球の違いというものがはっきり自分の目で確認できました。アメリカのプレイヤーについては、日本人よりパワー、スピードがあることを肌感覚で知り、一方で日本の野球のいい面も発見できました。
―例えば、日本の野球のいい面はどんなところでしょうか?
そうですね、細かい連携だったりサインプレーだったり、あと変化球の質は日本の方がいいなと思いました。
―逆にアメリカの野球のいい面はどんなところだと思いますか?
すごいなって思ったのは、バットを振るスイングスピード、肩の強さ、あと日本とはまた違った団結力です。
―日本と違った団結力とは?
一つ一つのプレーへの喜び方やホームインした際の選手の迎え方など、日本ではなかなか見られない光景でした。
―特にスピードとパワーの違いが感じられたと思うのですが、例えばどんなシーンでそういったものを感じましたか?
パワーについては、ピッチャーの投げる球威やバッターの飛距離からですね。スピードについては一塁までの到達時間や外野の守備、落下地点までのダッシュから、かなり速いなと感じました。
―そんな力の差を埋めるべく、個人的に取り組んだことはありますか?
個人的に取り組んだことは、アメリカのやり方でプレーしようとしましたが、それが日本人に合っているかというと微妙な所で、今の自分で出来ることを考えてある程度フォームを変えるなど、少しずつ試しながらゲームに臨みました。
―具体的にフォームはどのように変えていきましたか?
フォームの教え方について話しますと、日本では足を上げて打つよう指導されますが、アメリカではノーステップで打つのが一般的なので、そのやり方で取り組んでみました。
―サマーリーグに参加してみて、リーグ全体のレベルはどうでしたか?
高いと思います。日本の大学生よりアメリカの大学生の方がレベルが高いのではないかと自分は感じました。
―それはプレーの一つ一つについてですか?
そうですね、プレーについては日本の方がレベルが高いと思うのですが、こうして1ヶ月通して戦ってみると、シーズン全体ではアメリカの方がレベルが高いと思います。
―シーズンを振り返って、自分なりにもっとこうしたら良かったと思うところはありますか?
もっとハングリー精神をもたないとダメだなって思います。誰かがやってくれるとか、なんとかなるとか考えていると、アメリカでは通用しないんだなと。もっとハングリーにやるぞやるぞとモチベーションを上げて、負けたら終わりだというぐらいの意気込みですね。アメリカの高校野球でもトーナメント形式は一緒だと思うんですが、野球以外の面でもハングリーなんだと思いました。
―最後に、次回のサムライに参加したいプレイヤーにアドバイスをお願いします。
ものすごく、いい経験になると思います。アメリカで培ったことが日本でもいきてくると思うので、ぜひ参加をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です