いざという場合、幼子を預け入れる事が出来なくて困った時について

産後至急主人のマイホームの近くに移動してきました。あたいは妻が他界しているので、近所に男の親が要る方が楽です言われて越してきましたが、お決まりがぶっ飛びのお義母様。幼児1才のうち、父親が手術をする立ち会いをしなくてはならなかったので、男とご親に預けた事がありましたが、まさかのシカトゲーム。離乳食、おむつ、牛乳周辺セット用意したにも関わらず、朝から晩10場合まで、牛乳2回、オムツはウンチのところゼロ回のみしか替えてもらえませんでした。大人間が3人間もいてその対応。ワンデイ涙しっぱなしで、最後は疲れて寝たそうです。お義母様は自分が最プライオリティなので、放ったらかしにして、お話に空想の間だったんだと思います。医院で待たせるのが可哀想で連れて行かなかった事を悔いしました。それ以来、もう2度と預けないと精神しました。あたいが出かけて男に小児を預け入れると自分で障碍見きれないのでマイホームに連れて行ってしまったり、座敷の間クズだらけでチョコレート食べさせ食べ物無しでいた事もあり。男に預け入れることも出産してから3才なかばまで数回だ。隣家も越してきたばかりで、小児をお願い出来るまでの人付き合いも無いので、どこに出向くにも連れて行かないとなりませんでした。親父が積極的に子育てに参観やる在宅がうらやましい連日でした。今は幼稚園に入園したので、やっと安心して小児を預けられる環境ができてほっとやるところです。
http://xn--u9j5j1a059y0cbh93ax13h.biz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です